億り人FX専業トレーダーが利用経験をもとに安心して使える優良海外FX業者を紹介。海外FXはレバレッジが高いため、うまくハイレバレジを活用すれば小額資金を軍資金にして億り人になる事だって夢じゃない。海外FXで目指せ億トレーダー。おススメはXMトレーディング・タイタンFX・ゲムフォレックス・トレードビュー。

海外FXおすすめの人気優良海外FX業者 億トレーダー推奨

海外FX人気業者ランキング

海外FXおススメ業者 口座開設 比較ランキング 第1位

XMトレーディング(XMTRADING)

海外FX比較ランキング1位はXMTRADING(XMTRADING)

堂々の第1位はXM。1位と言っても断トツの1位。私がメイン口座として使っているから1位ではありませんよ。(笑)

日本人が1番利用している海外FX業者がXMです。支持を得ている理由はいろいろありますが・・・。

日本人スタッフによる強力なサポート体制は他社に比べても非常に優れています。もしや、日本の会社よりサポート力あるかもって思うくらい。

双方向の質疑応答タイプのFXオンラインセミナー(ウェビナー)や日本人によるFXレポートのユーチューブ配信、日本人スタッフ対応のライブチャット窓口、日本語メールサポートと海外企業と言えども言語に対する不安なく英語は全く必要なしで安心です。

日本人にやさしい業者です。と言うのもXMTRADINGと言うのは日本人を対象にしたサービスのXMのブランド名なので当然の事なのですが。

そして、レバレッジ最大888倍追証なしのゼロカットシステム国内のインチキDD方式のようなレートの不正操作がない約定拒否なし

そして、使いやすさについて言いますと、管理画面のインターフェースはかなり精錬されてて他社とは比べ物にならないほど使いやすいです。

総合的に考えて顧客満足度断トツナンバーワンですね。海外FXにデビューされる方には1番お薦めです

口座タイプ スタンダード口座,マイクロ口座,ZERO口座(ECN)
プラットフォーム MT4,MT5(WINDOWS,Mac,Android,iOS対応), MT4,MT5ウェブトレーダー
レバレッジ スタンダード,マイクロ口座は最大888倍 ZERO口座は最大500倍(※口座残高によるレバレッジ規制あり。残高2万ドル相当以上200倍,10万ドル相当以上100倍)
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄 通貨ペア57種,コモディティ8種,貴金属4種,エネルギー5種,株価指数30種
ボーナス 口座開設ボーナス3000円,,入金ボーナス(500ドルに対して100%,4500ドルに対して20%,BITWALLET入金に対して2000ドルまで10%),トレード毎に貰えるXMP(※ZERO口座は口座開設ボーナス以外は対象外不適用。)
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,JCB)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,JCB),海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス セーシェル金融庁

(※2019年2月1日現在のデータ)
(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FXおススメ業者 口座開設 比較ランキング 第2位

TitanFX(タイタンFX)

海外FXランキング2位TitanFX(タイタンFX)

高速約定、業界最狭スプレッドを謳い文句にしているだけあってトレードしやすい環境が用意された人気業者です。ボーナスはなしなので残念ですが利用価値有。

中級者以上のトレーダーさんがスキャルピング用に利用する事が多い会社です。スキャルピングには最適

口座タイプ スタンダード口座(STP口座),ブレード口座(ECN口座)
プラットフォーム MT4(PC,Mac,Android,iOS対応),Titan FX Webトレーダー
レバレッジ スタンダード口座,ブレード口座ともに最大500倍
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません
取り扱い銘柄(FX,CFD) 通貨ペア63種,貴金属4種,エネルギー2種,株価指数9種
ボーナス ボーナスなし。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,Mastercard),国内銀行送金,海外電信送金(ワイヤー送金)※迷わず、入出金はBITWALLETを使う事をお薦めします。
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,Mastercard),海外電信送金(ワイヤー送金)※迷わず、入出金はBITWALLETを使う事をお薦めします。
金融ライセンス等 ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP),バヌアツ共和国金融庁(VFSC)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FXおススメ業者 口座開設 比較ランキング 第3位

AXIORY(アキシオリー)

海外FX比較ランキング3位AXIORY(アキシオリー)

ボーナスはないので少し物足りないのですが、ここも人気の優良業者レートの透明性には定評があり、公正さを重視している会社です。

cTrader利用可能の数少ない業者。中級トレーダーさん以上のスキャルピング利用が多いです。

口座タイプ スタンダード口座(STP口座),ナノスプレッド口座(ECN口座)
プラットフォーム MT4,,cTrader, AxioryWebtrader他
レバレッジ スタンダード口座,ナノスプレッド口座ともに最大400倍
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません
取り扱い銘柄(FX,CFD) 通貨ペア61種,コモディティ8種,貴金属4種,エネルギー2種,株価指数10種
ボーナス 基本的にはボーナスなし。過去にイベント・キャンペーン等により実施された経歴あり。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA)※迷わず、入出金はBITWALLETを使う事をお薦めします。
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA),海外電信送金(ワイヤー送金)※迷わず、入出金はBITWALLETを使う事をお薦めします。
金融ライセンス等 ベリーズ国際金融サービス委員会 (IFSC)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FXおススメ業者 口座開設 比較ランキング 第4位

トレードビュー(Tradeview)

海外FX比較ランキング4位はTRADEVIEW(トレードビュー)

低スプレッドで注目の業者。管理画面等、日本語に完全に対応しておらず、使い勝手に難ありですが、低スプレッドを求めるならここ。慣れるまで時間がかかるかもです。レバレッジに関して言うと、最高レバレッジはそこそこなんですが、ロスカットレベルが100%なので実質のレバレッジは表記されているものより低く考えた方が良さそう。ハイレバレッジ志向の方はちょっと不満に感じますね。

口座タイプ スタンダード口座(STP口座),ILC口座(ECN口座)
プラットフォーム MT4,cTrader,Currenex
レバレッジ スタンダード最大400倍 ILC口座は最大200倍(デフォルトでは100倍設定、申請が必要。)
ロスカットレベル 維持率100%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄 通貨ペア40種
ボーナス ボーナスなし。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,MasterCard,JCB),スティックペイ,エコペイズ,海外電信送金(ワイヤー送金)※迷わず、入出金はBITWALLETを使う事をお薦めします。
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,MasterCard,JCB),スティックペイ,エコペイズ,海外電信送金(ワイヤー送金)※迷わず、入出金はBITWALLETを使う事をお薦めします。
金融ライセンス等 CIMA(ケイマン諸島金融庁)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX

【海外FX比較】|FXを行なう際に…。

投稿日:

海外FX優良業者をピックアップ


売りと買いの2つのポジションを一緒に所有すると、円高・円安のどちらに変動しても利益を出すことが可能ですが、リスク管理という部分では2倍神経を注ぐことになるはずです。
FXを行なっていく際の個人に認められているレバレッジ倍率は、以前までは最高が50倍だったことを思いますと、「今の規定上の最高25倍は見劣りしてしまう」と言う人が存在するのも当然でしょうけれど、25倍だと言っても満足できる収益はあげられます。
MT4向け自動トレードプログラム(EA)の開発者は各国に存在していて、ありのままの運用状況やユーザーの評価などを踏まえて、最新の自動売買ソフトの開発に邁進している状況です。
スイングトレードをやる場合の忠告として、パソコンの取引画面を見ていない時などに、急展開で大きな暴落などが生じた場合に対応できるように、予め何らかの策を講じておきませんと、とんでもないことになってしまいます。
FXをやる時は、「外貨を売る」ということから取引を開始することもよくあるのですが、このように外貨を保持することなく「外貨を売っている状態」のことも、「ポジションを持っている」となるのです。

システムトレードにおきましても、新規に「売り・買い」を入れるという状況の時に、証拠金余力が要される証拠金の額より少ない場合は、新たに売買することは認められないことになっています。
私は重点的にデイトレードで売買を継続していたのですが、近頃ではより大きな利益を出すことができるスイングトレード手法を採って取り引きしております。
チャートの動向を分析して、いつ「売り・買い」すべきかを決定することをテクニカル分析と呼びますが、この分析さえできれば、売買時期を間違うこともグッと減ることになります。
そこまで高額ではない証拠金の入金で高額な売り買いが可能となるレバレッジではありますが、期待している通りに値が動きを見せればビッグな収益が得られますが、逆になろうものなら一定のマイナスを出すことになるのです。
チャート検証する時に重要になると言えるのが、テクニカル分析なのです。このウェブサイトでは、幾つもあるテクニカル分析方法を別々に親切丁寧に説明させて頂いております。

FX取引に関しては、「てこ」同様に僅かな証拠金で、その何倍という取り引きが認められており、証拠金と実際の取り引き金額の割合を「レバレッジ」と言っているのです。
スプレッドと称されているのは、トレードをする際の「買値と売値の差額」のことを指します。このスプレッドこそがFX会社の収益となるもので、FX会社毎に表示している金額が違っています。
スプレッドと言われるのは外貨を売買する際の価格差のことで、FX会社の実利となる売買手数料みたいなものですが、FX会社毎に独自にスプレッド幅を設けています。
デイトレードというのは、丸々一日ポジションを維持するというトレードを意味するというわけではなく、実際はNY市場が一日の取引を終える前に決済を完結させてしまうというトレードスタイルを指します。
FXを行なう際に、日本以外の通貨を日本円で買いますと、それ相応のスワップポイントを手にすることができますが、金利が高く設定されている通貨で低い通貨を買うような時は、当然ながらスワップポイントを払わなければなりません。

海外FX関連サイトをピックアップ

-海外FX

Copyright© 海外FXおすすめの人気優良海外FX業者 億トレーダー推奨 , 2019 All Rights Reserved.