億り人FX専業トレーダーが利用経験をもとに安心して使える優良海外FX業者を紹介。海外FXはレバレッジが高いため、うまくハイレバレジを活用すれば小額資金を軍資金にして億り人になる事だって夢じゃない。海外FXで目指せ億トレーダー。おススメはXMトレーディング・タイタンFX・ゲムフォレックス・トレードビュー。

海外FXおすすめの人気優良海外FX業者 億トレーダー推奨

海外FX人気業者ランキング

海外FXおススメ業者 口座開設 比較ランキング 第1位

XMトレーディング(XMTRADING)

海外FX比較ランキング1位はXMTRADING(XMTRADING)

堂々の第1位はXM。1位と言っても断トツの1位。私がメイン口座として使っているから1位ではありませんよ。(笑)

日本人が1番利用している海外FX業者がXMです。支持を得ている理由はいろいろありますが・・・。

日本人スタッフによる強力なサポート体制は他社に比べても非常に優れています。もしや、日本の会社よりサポート力あるかもって思うくらい。

双方向の質疑応答タイプのFXオンラインセミナー(ウェビナー)や日本人によるFXレポートのユーチューブ配信、日本人スタッフ対応のライブチャット窓口、日本語メールサポートと海外企業と言えども言語に対する不安なく英語は全く必要なしで安心です。

日本人にやさしい業者です。と言うのもXMTRADINGと言うのは日本人を対象にしたサービスのXMのブランド名なので当然の事なのですが。

そして、レバレッジ最大888倍追証なしのゼロカットシステム国内のインチキDD方式のようなレートの不正操作がない約定拒否なし

そして、使いやすさについて言いますと、管理画面のインターフェースはかなり精錬されてて他社とは比べ物にならないほど使いやすいです。

総合的に考えて顧客満足度断トツナンバーワンですね。海外FXにデビューされる方には1番お薦めです

口座タイプ スタンダード口座,マイクロ口座,ZERO口座(ECN)
プラットフォーム MT4,MT5(WINDOWS,Mac,Android,iOS対応), MT4,MT5ウェブトレーダー
レバレッジ スタンダード,マイクロ口座は最大888倍 ZERO口座は最大500倍(※口座残高によるレバレッジ規制あり。残高2万ドル相当以上200倍,10万ドル相当以上100倍)
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄 通貨ペア57種,コモディティ8種,貴金属4種,エネルギー5種,株価指数30種
ボーナス 口座開設ボーナス3000円,,入金ボーナス(500ドルに対して100%,4500ドルに対して20%,BITWALLET入金に対して2000ドルまで10%),トレード毎に貰えるXMP(※ZERO口座は口座開設ボーナス以外は対象外不適用。)
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,JCB)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,JCB),海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス セーシェル金融庁

(※2019年2月1日現在のデータ)
(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FXおススメ業者 口座開設 比較ランキング 第2位

TitanFX(タイタンFX)

海外FXランキング2位TitanFX(タイタンFX)

高速約定、業界最狭スプレッドを謳い文句にしているだけあってトレードしやすい環境が用意された人気業者です。ボーナスはなしなので残念ですが利用価値有。

中級者以上のトレーダーさんがスキャルピング用に利用する事が多い会社です。スキャルピングには最適

口座タイプ スタンダード口座(STP口座),ブレード口座(ECN口座)
プラットフォーム MT4(PC,Mac,Android,iOS対応),Titan FX Webトレーダー
レバレッジ スタンダード口座,ブレード口座ともに最大500倍
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません
取り扱い銘柄(FX,CFD) 通貨ペア63種,貴金属4種,エネルギー2種,株価指数9種
ボーナス ボーナスなし。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,Mastercard),国内銀行送金,海外電信送金(ワイヤー送金)※迷わず、入出金はBITWALLETを使う事をお薦めします。
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,Mastercard),海外電信送金(ワイヤー送金)※迷わず、入出金はBITWALLETを使う事をお薦めします。
金融ライセンス等 ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP),バヌアツ共和国金融庁(VFSC)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FXおススメ業者 口座開設 比較ランキング 第3位

AXIORY(アキシオリー)

海外FX比較ランキング3位AXIORY(アキシオリー)

ボーナスはないので少し物足りないのですが、ここも人気の優良業者レートの透明性には定評があり、公正さを重視している会社です。

cTrader利用可能の数少ない業者。中級トレーダーさん以上のスキャルピング利用が多いです。

口座タイプ スタンダード口座(STP口座),ナノスプレッド口座(ECN口座)
プラットフォーム MT4,,cTrader, AxioryWebtrader他
レバレッジ スタンダード口座,ナノスプレッド口座ともに最大400倍
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません
取り扱い銘柄(FX,CFD) 通貨ペア61種,コモディティ8種,貴金属4種,エネルギー2種,株価指数10種
ボーナス 基本的にはボーナスなし。過去にイベント・キャンペーン等により実施された経歴あり。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA)※迷わず、入出金はBITWALLETを使う事をお薦めします。
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA),海外電信送金(ワイヤー送金)※迷わず、入出金はBITWALLETを使う事をお薦めします。
金融ライセンス等 ベリーズ国際金融サービス委員会 (IFSC)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FXおススメ業者 口座開設 比較ランキング 第4位

トレードビュー(Tradeview)

海外FX比較ランキング4位はTRADEVIEW(トレードビュー)

低スプレッドで注目の業者。管理画面等、日本語に完全に対応しておらず、使い勝手に難ありですが、低スプレッドを求めるならここ。慣れるまで時間がかかるかもです。レバレッジに関して言うと、最高レバレッジはそこそこなんですが、ロスカットレベルが100%なので実質のレバレッジは表記されているものより低く考えた方が良さそう。ハイレバレッジ志向の方はちょっと不満に感じますね。

口座タイプ スタンダード口座(STP口座),ILC口座(ECN口座)
プラットフォーム MT4,cTrader,Currenex
レバレッジ スタンダード最大400倍 ILC口座は最大200倍(デフォルトでは100倍設定、申請が必要。)
ロスカットレベル 維持率100%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄 通貨ペア40種
ボーナス ボーナスなし。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,MasterCard,JCB),スティックペイ,エコペイズ,海外電信送金(ワイヤー送金)※迷わず、入出金はBITWALLETを使う事をお薦めします。
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,MasterCard,JCB),スティックペイ,エコペイズ,海外電信送金(ワイヤー送金)※迷わず、入出金はBITWALLETを使う事をお薦めします。
金融ライセンス等 CIMA(ケイマン諸島金融庁)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX

【海外FXの約定力】|テクニカル分析に関しては…。

投稿日:

XMトレードで億り人になろう


現実的には、本番のトレード環境とデモトレード環境を比較してみますと、本番トレード環境の方が「毎回のトレードあたり1pips程度利益が減る」と心得ていた方が正解でしょう。
スキャルピングという攻略法は、相対的に予測しやすい中・長期の世の中の動きなどは度外視し、勝つか負けるかわからない勝負を感覚的に、かついつまでも継続するというようなものだと思います。
FX口座開設に付随する審査は、普通の主婦とか大学生でも通りますから、極度の心配は要らないとお伝えしておきますが、大切な事項の「金融資産」だったり「投資歴」などは、一律的にマークされます。
全く同じ1円の変動であっても、レバレッジが1倍の時は1万円の損益になりますが、10倍でしたら10万円の損益なのです。一言でいうと「レバレッジを欲張るほど損失が齎される可能性も高まる」ということです。
MT4をおすすめする理由の1つが、チャート画面から直接発注できるということなのです。チャートをチェックしている時に、そのチャートを右クリックするというだけで、注文画面が開くようになっています。

システムトレードでは、自動売買プログラム(EA)に従ってテクニカルポイントに差し掛かった時に、システムが機械的に売買を完結してくれるのです。しかし、自動売買プログラムに関しては投資を行なう人がセレクトしなければなりません。
申し込みを行なう際は、FX業者の専用ホームページのFX口座開設ページより20分位で完了するでしょう。申し込みフォームに入力した後、必要書類をFAXやメールなどを利用して送付し審査をしてもらうことになります。
「連日チャートに注目するなんてことは無理だ」、「大切な経済指標などをタイミングよく確認できない」と思われている方でも、スイングトレードの場合は全然心配無用です。
テクニカル分析に関しては、原則としてローソク足を時系列的に描写したチャートを利用することになります。見た感じ複雑そうですが、慣れて理解できるようになりますと、手放せなくなるはずです。
スイングトレードを行なう場合、PCのトレード画面を起ち上げていない時などに、気付かないうちに考えられないような暴落などが起こった場合に対処できるように、先に対策を講じておかないと、大損失を被ります。

システムトレードの一番の推奨ポイントは、全ての局面で感情が入る余地がない点だと言って間違いないでしょう。裁量トレードをするとなると、必ずと言っていいほど自分の感情がトレードを進める中で入ってしまうはずです。
システムトレードにおきましても、新たに注文を入れる場合に、証拠金余力が必要となる証拠金額より少額の場合は、新たに売買することは認められないことになっています。
レバレッジのお陰で、証拠金が僅かでもその額の数倍という取り引きをすることが可能で、想像以上の収入も望めますが、その一方でリスクも高くなるので、落ち着いてレバレッジ設定することが重要です。
スキャルピングの展開方法は種々ありますが、押しなべてファンダメンタルズに関しましては考慮しないで、テクニカル指標だけを頼りにしています。
FXにトライするために、取り敢えずFX口座開設をしてしまおうと考えてはいるけど、「どのようにしたら開設することが可能なのか?」、「何に重点を置いて会社を選択すべきか?」などと途方に暮れる人はかなりいます。

海外FX関連サイトをピックアップ

-海外FX

Copyright© 海外FXおすすめの人気優良海外FX業者 億トレーダー推奨 , 2019 All Rights Reserved.