億り人FX専業トレーダーが利用経験をもとに安心して使える優良海外FX業者を紹介。海外FXはレバレッジが高いため、うまくハイレバレジを活用すれば小額資金を軍資金にして億り人になる事だって夢じゃない。海外FXで目指せ億トレーダー。おススメはXMトレーディング・タイタンFX・ゲムフォレックス・トレードビュー。

海外FXおすすめの人気優良海外FX業者 億トレーダー推奨

海外FX人気業者ランキング

海外FXおススメ業者 口座開設 比較ランキング 第1位

XMトレーディング(XMTRADING)

海外FX比較ランキング1位はXMTRADING(XMTRADING)

堂々の第1位はXM。1位と言っても断トツの1位。私がメイン口座として使っているから1位ではありませんよ。(笑)

日本人が1番利用している海外FX業者がXMです。支持を得ている理由はいろいろありますが・・・。

日本人スタッフによる強力なサポート体制は他社に比べても非常に優れています。もしや、日本の会社よりサポート力あるかもって思うくらい。

双方向の質疑応答タイプのFXオンラインセミナー(ウェビナー)や日本人によるFXレポートのユーチューブ配信、日本人スタッフ対応のライブチャット窓口、日本語メールサポートと海外企業と言えども言語に対する不安なく英語は全く必要なしで安心です。

日本人にやさしい業者です。と言うのもXMTRADINGと言うのは日本人を対象にしたサービスのXMのブランド名なので当然の事なのですが。

そして、レバレッジ最大888倍追証なしのゼロカットシステム国内のインチキDD方式のようなレートの不正操作がない約定拒否なし

そして、使いやすさについて言いますと、管理画面のインターフェースはかなり精錬されてて他社とは比べ物にならないほど使いやすいです。

総合的に考えて顧客満足度断トツナンバーワンですね。海外FXにデビューされる方には1番お薦めです

口座タイプ スタンダード口座,マイクロ口座,ZERO口座(ECN)
プラットフォーム MT4,MT5(WINDOWS,Mac,Android,iOS対応), MT4,MT5ウェブトレーダー
レバレッジ スタンダード,マイクロ口座は最大888倍 ZERO口座は最大500倍(※口座残高によるレバレッジ規制あり。残高2万ドル相当以上200倍,10万ドル相当以上100倍)
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄 通貨ペア57種,コモディティ8種,貴金属4種,エネルギー5種,株価指数30種
ボーナス 口座開設ボーナス3000円,,入金ボーナス(500ドルに対して100%,4500ドルに対して20%,BITWALLET入金に対して2000ドルまで10%),トレード毎に貰えるXMP(※ZERO口座は口座開設ボーナス以外は対象外不適用。)
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,JCB)
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,JCB),海外電信送金(ワイヤー送金)
金融ライセンス セーシェル金融庁

(※2019年2月1日現在のデータ)
(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FXおススメ業者 口座開設 比較ランキング 第2位

TitanFX(タイタンFX)

海外FXランキング2位TitanFX(タイタンFX)

高速約定、業界最狭スプレッドを謳い文句にしているだけあってトレードしやすい環境が用意された人気業者です。ボーナスはなしなので残念ですが利用価値有。

中級者以上のトレーダーさんがスキャルピング用に利用する事が多い会社です。スキャルピングには最適

口座タイプ スタンダード口座(STP口座),ブレード口座(ECN口座)
プラットフォーム MT4(PC,Mac,Android,iOS対応),Titan FX Webトレーダー
レバレッジ スタンダード口座,ブレード口座ともに最大500倍
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません
取り扱い銘柄(FX,CFD) 通貨ペア63種,貴金属4種,エネルギー2種,株価指数9種
ボーナス ボーナスなし。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,Mastercard),国内銀行送金,海外電信送金(ワイヤー送金)※迷わず、入出金はBITWALLETを使う事をお薦めします。
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,Mastercard),海外電信送金(ワイヤー送金)※迷わず、入出金はBITWALLETを使う事をお薦めします。
金融ライセンス等 ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP),バヌアツ共和国金融庁(VFSC)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FXおススメ業者 口座開設 比較ランキング 第3位

AXIORY(アキシオリー)

海外FX比較ランキング3位AXIORY(アキシオリー)

ボーナスはないので少し物足りないのですが、ここも人気の優良業者レートの透明性には定評があり、公正さを重視している会社です。

cTrader利用可能の数少ない業者。中級トレーダーさん以上のスキャルピング利用が多いです。

口座タイプ スタンダード口座(STP口座),ナノスプレッド口座(ECN口座)
プラットフォーム MT4,,cTrader, AxioryWebtrader他
レバレッジ スタンダード口座,ナノスプレッド口座ともに最大400倍
ロスカットレベル 維持率20%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません
取り扱い銘柄(FX,CFD) 通貨ペア61種,コモディティ8種,貴金属4種,エネルギー2種,株価指数10種
ボーナス 基本的にはボーナスなし。過去にイベント・キャンペーン等により実施された経歴あり。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA)※迷わず、入出金はBITWALLETを使う事をお薦めします。
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA),海外電信送金(ワイヤー送金)※迷わず、入出金はBITWALLETを使う事をお薦めします。
金融ライセンス等 ベリーズ国際金融サービス委員会 (IFSC)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FXおススメ業者 口座開設 比較ランキング 第4位

トレードビュー(Tradeview)

海外FX比較ランキング4位はTRADEVIEW(トレードビュー)

低スプレッドで注目の業者。管理画面等、日本語に完全に対応しておらず、使い勝手に難ありですが、低スプレッドを求めるならここ。慣れるまで時間がかかるかもです。レバレッジに関して言うと、最高レバレッジはそこそこなんですが、ロスカットレベルが100%なので実質のレバレッジは表記されているものより低く考えた方が良さそう。ハイレバレッジ志向の方はちょっと不満に感じますね。

口座タイプ スタンダード口座(STP口座),ILC口座(ECN口座)
プラットフォーム MT4,cTrader,Currenex
レバレッジ スタンダード最大400倍 ILC口座は最大200倍(デフォルトでは100倍設定、申請が必要。)
ロスカットレベル 維持率100%以下でロスカット。ゼロカットシステム採用により急激な相場変動で口座がマイナスになっても追証は発生しません。
取り扱い銘柄 通貨ペア40種
ボーナス ボーナスなし。
主な入金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,MasterCard,JCB),スティックペイ,エコペイズ,海外電信送金(ワイヤー送金)※迷わず、入出金はBITWALLETを使う事をお薦めします。
主な出金手段 BITWALLET,クレジットカード,デビットカード(VISA,MasterCard,JCB),スティックペイ,エコペイズ,海外電信送金(ワイヤー送金)※迷わず、入出金はBITWALLETを使う事をお薦めします。
金融ライセンス等 CIMA(ケイマン諸島金融庁)

(※2019年2月1日現在のデータ)

海外FX

海外FX業者比較|FX取引を行なう際に出てくるスワップというのは…。

投稿日:

FX 比較サイト

レバレッジと言いますのは、納めた証拠金を拠り所にして、最高でその額の25倍の売買が可能であるというシステムのことです。例えば50万円の証拠金で20倍のレバレッジを掛けることにしましたら、1000万円相当の「売り・買い」が可能なわけです。
スプレッドと呼ばれているものは、FX会社それぞれまちまちで、皆さんがFXで収益を手にするためには、買いのレートと売りのレートの差が僅少であればあるほど有利ですから、そのポイントを頭に入れてFX会社を選択することが大事になってきます。
「多忙の為、常日頃からチャートをウォッチするなどということは困難だ」、「為替に影響を及ぼす経済指標などを適時適切に確かめることができない」とお思いの方でも、スイングトレードだったらそんなことをする必要もないのです。
スキャルピングという取引法は、意外と予想しやすい中期から長期に及ぶ経済的な変動などは意識せず、どちらに転ぶかわからない勝負を直感的に、かついつまでも継続するというようなものだと思っています。
FX取引を行なう際に出てくるスワップというのは、外貨預金においての「金利」みたいなものです。とは言いましても全く違う部分があり、この「金利」に関しては「受け取るばかりじゃなく払うこともあり得る」のです。

買いポジションと売りポジションの両方を一緒に持つと、円高・円安のどちらに変動しても収益を出すことができると言えますが、リスク管理という点では2倍気配りすることになるでしょう。
テクニカル分析と呼ばれるのは、為替の変動をチャートの形で記録し、更にはそのチャートを分析することで、直近の為替の動きを推測するという分析方法なのです。これは、いつ取引すべきかの時期を知る時に有益です。
MT4と言われているものは、ロシアの会社が企画・製造したFXのトレーディングソフトです。フリーにて使え、尚且つ超絶機能装備ということもあって、最近FXトレーダーからの支持率もかなり上昇しているそうです。
為替の動きを予想する時に役に立つのが、テクニカル分析とファンダメンタル分析ですが、より重要なのは「チャートの流れを読み取って、将来的な為替の方向性を推測する」テクニカル分析の方で間違いないでしょう。
FXを始めるつもりなら、先ずもって実施していただきたいのが、FX会社を海外FX会社比較ランキングXMトレーディングを検証比較して自分にフィットするFX会社を選ぶことです。FX会社を完璧に海外FX会社比較ランキングでXMトレーディングを検証比較するにあたってのチェック項目が複数個ございますので、1項目ずつご案内させていただきます。

デモトレードと言われているのは、仮想の資金でトレードの経験をすることを言います。10万円など、ご自分で指定をした仮想マネーが入金されたデモ口座を開くことができますので、現実のトレードの雰囲気で練習することができます。
FXで稼ごうと思うのなら、FX会社を海外FX会社比較ランキングでXMトレーディングを検証比較して、その上で各々の考えに即した会社を1つに絞り込むことが肝要になってきます。このFX会社を海外FX会社比較ランキングでXMトレーディングを検証比較する際に大切になるポイントなどをレクチャーしようと考えております。
FX用語の1つでもあるポジションというのは、最低限の証拠金を納付して、香港ドル/円などの通貨ペアを売買することを指します。ついでに言うと、外貨預金にはポジションという概念は見当りません。
FXをやっていく上で、海外で流通している通貨を日本円で買いますと、金利差に応じてスワップポイントが付与されますが、高い金利設定の通貨で低い通貨を買う際は、当然ながらスワップポイントを徴収されるというわけです。
テクニカル分析を実施する時は、総じてローソク足で表示したチャートを使うことになります。初めて目にする方にとっては抵抗があるかもしれませんが、慣れて読み取ることが可能になると、非常に有益なものになります。

海外FX 比較サイト

海外FXのIB is6アフィリエイトとTitanFXアフィリエイトの比較

-海外FX

Copyright© 海外FXおすすめの人気優良海外FX業者 億トレーダー推奨 , 2020 All Rights Reserved.